能を観てきた

美しい花がある。花の美しさというようなものは無い。

小林秀雄

さる数日前、家族で能を観てきた。中は写真撮影禁止(の気がする)なので、写真は無い。


何かこれだけ聞くと、上流階級な感じがするが、別にそう思った人はそう思っていてかまわないのであって、さらに言えば、実は全然上流でも何でもない。ようするに、少し歳をとった両親が、相撲とか歌舞伎とか、何かそういうものに興味を持ち始めたといったところであろうと思う。たまたま帰省した際に「能観るか?東京だけど。」と言われ、そういえば観たことないなぁと思い、行くことにした。昔、思うところあって世阿弥の『風姿花伝』を読んだことがあるのだけど、どうやらそれを親に話したことが、元々の原因らしいのだが。


観たのは宝生流九月五雲会。日本語訳すると、能のいくつかある流派の内の1つである宝生流の月に一度の定期公演の9月版。公式の宝生の能曰く、五雲会とは、

若手の役者を中心とした月例の会。本年より8月を除く毎月第3土曜日(稀に第2土曜日)に開催します。能4番狂言2番が演じられます。

とのこと。ふーん。宝生の能で番組も公開されている。チケットは学割効いたので、国からの予算ががっつり削減されている古典芸能にしては全然納得できる値段。ゆーても、学割映画の倍ぐらいはするけど。でも相撲や歌舞伎よりは安い気がしないでもない。


思ったことをいくつか。

能は長い

長い。番組表をよく見るとわかるが、6時間くらいやっている。休憩は全部で30分くらい。内容がどーとか、この長さにもかかわらず云々とか、そんなことより重要なことは、ものすごくおしりが痛くなるということ。5時間30分座りっぱなし。いやー痛かった。その後深夜バスで京都まで帰ってきたんだから、我ながら自分のおしりは鉄壁だと思う。ミサイルが落ちても耐えられるのではないだろうか。

能は遅い

遅い。花道から舞台に出てくるまで、平気で5分とかかかる。荘厳と言えば、まぁ荘厳というか…言うのか?知らんけど。僕は高校のとき弓道をやってまして、この遅さには多少耐えられるようにできていたから良かったものの、もし舞台の袖から突然ぴょーんと飛び出て大声で歌い始めるような現代舞台を期待していたら、大変な眠気に苛まれていただろう。弓道もそうなんだけど、日本古来の芸は1つの動きを一呼吸でやらなければならないので、何かちょっとした動作をするだけで大変な時間が掛かってしまう。


しかしまぁ不思議なもので、この遅さが「それっぽさ」を醸し出していたことも事実。全体的にゆっくりしているので、別に遅いことはあまり気にならない(ことが多い)。「こーゆー風にできている」と思えばいいし、そう思うことが自然に思える。


この遅さの長所は、別に上述の印象論だけではない。
能にも実は、ちゃんと「速い」動きもある。例えば、複数人の殺陣のシーンなど。この全体的なスローペースのおかげで、この激しいシーンが、とても激しいシーンに見える。ちゃんと激しく見える。音楽もないし、別にぎゃーすかまくし立てることもないのに、激しく見える。これは舞台装置の基本的機能を直裁に表現したものあって、そのシンプルさに驚く。意外とのめりこんで集中して観てしまった自分に、ちょっと萌え。

狂言はおもしろい

昔、中学の教科書に(小学校だったかも)『附子』という狂言が載っていた。それはどうでもいいんだけど、狂言は結構面白いですよ。「ゆっくりしていってね!」的な空気感があって好印象。まぁ元々能の間の寸劇みたいなもんらしいので、ゆっくりできないと意味が無い。

何言ってるのかわからない

分からん。古文調を、浪曲みたいなノリで歌うので、それはもうまさに日本語でおkといった感じ。なので、予習は必須。特にあらすじの予習はしていかないと、料金のもとは一切取れないと考えて良い。予習しておいて、ようやく単語が一部聞き取れる程度です。


能って観ているとほとんど歌劇みたいなもんで、ずっと歌ってる。喋ってるときも、節を付けて喋るので、それって結局歌で、やはりずっと歌っている。ハッチポッチステーションみたい。あれもグッチさんがずっと歌ってた。


一応こっち向いてしゃべっているところをみると、やっぱり能も演劇なんだなぁと思う。

後継者問題

後継者いないとか、そもそも人気が無いとか、つぶれそうとか、そんな話を学校では聞いた気がするんだ。でもね、ほらあれをご覧。むっちゃ客いるじゃないか。今回観たのは宝生流だったけど、半分以上席埋まっている。観世流に至っては毎回満席らしいじゃないか。誰だよ能は終わったとか言ってる奴。屋上来いよ。むしろ屋上が来いよ。


よく考えたら、相撲なんて結構満員御礼出るし、歌舞伎とか海老様DQNリア充だし古典芸能とか別に安泰なんじゃねぇの…。でも、相撲と能では哲学が違う気がするなぁ。まぁこの辺の話は、巨大に芸術論されているところだろうから、僕が語ることは何も無いだろう。押井守は言ったぜ?

すべては言い尽くされている

ってね!

古典芸能は型が死ぬほど大事なのです。なぜかというと、決まった動きをしないと、着物が乱れるからです。そして、その型から外れた動きをしたとたん、コケるからです。結構派手に、すってんころりんって感じに、転びます。弓道の試合でも緊張からか、よく転びそうになっている人を見かけました。能も「しかしよくこけないなぁ」という着物を着ているのですが、やっぱりその辺はプロだなぁと思うのであります。着物自体は、とっても綺麗です。僕がそう思うんだから、あれはよほど綺麗な着物なのだろうと思います。

能は狭い

舞台が狭い。いや、これより狭い舞台はそこらじゅうにあるんだろうけど…。正確に言えば、舞台が正方形なので狭く見える。正方形の舞台の中に、楽器隊と歌唱隊と演じてる本人達がいるんだから、そりゃ狭い。


でも、その正方形の空間を、とても上手に使っている。これは素人にも分かる。完璧に計算された位置に、すべてが置かれている。ほんとによく計算されていて、すべてが見えるのだが、見えなくていいものは、能に集中してくると、ちゃんと見えなくなってくる(気にならなくなってくる)。簡潔な舞台装置と言うべきものが、簡素に動作している。




いろいろ言ったけど、全体的な感想としては、「よく計算されているなぁ」ということ。整然としているし、簡素だし、そしてちゃんと効果的。なかなか魅せてくれます。結局、風姿花伝に書かれている「花」というものは分からなかったけど。分かりゃ苦労しねーか。

はてなのインターンに行ってきた日記

を、今更ながら書く。

インターン終わってからはや数週間が経とうとしている。にもかかわらず、なぜ今更書くのか。実は、インターン終わってから帰省したり大学の課題やってたりその他いろいろあって、結構忙しかったのですよ。しかも文章書くのって結構時間かかるじゃないですか。まとまった時間がとれなくってさぁ。まぁ書いてみたら書いてみたで、結構早く書けちゃったりするんだけど。日本語の母語話者だし。

それと、書く内容がいまいちピンと来なかったので書きあぐねていた、ということもある。最初の一週間はほんとに忙しくて書けなかったのだが、それ以降に日記を書こうと思ったら、きっと書けた。でもさ、一週間も経つと、もう他のインターンの日記がかかれまくってるわけですよ。で、問題はその日記のすばらしさにあるわけです。つまり、僕が今更何を書けというのか。すべてが二番煎じじゃないか。だって、普通におもしろく読んじゃったんだもん。俺、当事者なのに。

もちろん書くこと自体に意味があることは知っている。書くことではてなのスタッフに感謝の念を伝えることができることも知っているし、だからこそ今更ながら書こうとしている。ただ、インターンの内容に関してまた僕が書いたら、きっと他の人たちの劣化コピーになるだけだ。しかも、それでは僕の思考が日記に表れない。インターンでやったことを列挙するよりは、インターンに行って思ったことに重点を置き、感想を考察し、それを文字に落とすほうが、きっと良い。どうせ遅ればせながらで書くのだから、がっつり屁理屈並べたほうが、むしろはてなスタッフに僕の感謝の念が伝わるのではないか?えちがうんですかわかりません><

とかいろいろ考えたりしていたら、mixiのインターンに行く日になってしまった。ところが、このmixiのインターンに行ったことで、この日記に書くネタが固まることになった。書く内容は帰りの深夜バスでまとまった。文字は京阪乗りながら考えた。

はてなのインターンに行った人はたくさんいる。mixiのインターンに行ったひとは、きっともっとたくさんいるだろう。だが、その両方に行った人は、きっと少ないに違いない。そうだこれだ!これで書こう!

はてなのインターンに行くにはどの程度のスキルが必要で、実際に何をやり、それにはどの程度の労力が必要なのか、といったことは、是非他のインターン生の日記を参照するのが良いと思う。僕よりかは断然きれいにまとまっているし、遥かに読みやすいし、写真まで載っています。プロのブロガーみたいです。はてな記法もろくに知らない僕には不可能です><とか言いたくなります。

とまぁそんな感じで、今更ながらのインターン日記になったのである。

mixiにあってはてなには無いものがあって、それは研究開発部門。はてなはmixiの研究開発部門と営業担当と広報と総務を抜き出したような会社だった。というか、基本的にはてなの組織はプロジェクトごとになっている。そのため、Webサービスに関する技術的知識はそれぞれみんな一通り出来るし、出来ないといけないし、できないなら勉強しなくてはならない。基本的には全部出来ることが望ましい、たぶん。はてなにあってmixiに無いものもあって、それは需要分析の多様性。サービス開発部門みたいなものがはてなには無いので、みんなが新しいサービスを出せるし、みんなが考えないと考える人がいない。

他にもmixiには多くの部門があって、それぞれ分業している。はてなにも部門や地位はいろいろあるのだけれど、分業というほど分業はされていない印象があった。営業とエンジニアと広報と総務の4つぐらいかしら。そのぐらい大雑把な分業と思う。

世間ではGoogleの功罪なのかは知らないが、はてなのような会社が脚光を浴びている。エンジニアならば、一度はそういう環境に居てみたいと思うだろう。もちろん僕も全力で新卒脳してはてなに応募し、運良く通ってしまった一人である。

だが、ここに至って、一度冷静にならねばなるまい。僕が二つのインターンに行って得たものは、ここで冷静になる指向である。

はてなも大きくなって、いつかは分業色の強い社風になるかもしれない。mixiも巨大化の果てにプロジェクトの集合になるかもしれない。システムという概念が、部分は全体の縮図であるという原理に基づく限り、どっちがいいとは言い切れない。そしてまた、その原理に基づく限り、そのシステム形態の未来も不明瞭である。社会とその構成員は共依存なのだから。このとき真に恐ろしいのは、その社会にいる限り、その社会が何なのかを知るのはとても難しいということなのだけれど、それはまぁいいや。

有り体に言えば、好き嫌いがありますよ、たぶん、ということ。これは組織の技術力とその責任が、組織のサブセットに属するか、その構成員にまで落ちてから属するか、の好き嫌いという意味ではない。自らが持つシステムが、とある上部のシステム内にサブとして組み込まれたとき、とある設定された空間(人間関係や環境、個人)の中で幸福を得られるか。これは、流行り廃りとは別に、強度に熟慮されるべきだと思う。

さらに、この個人の好き嫌いだけでは解決されない共通の問題もある。Webサービスの醍醐味は、自分の作ったシステムがまさに不特定多数のユーザに使用されることである。だが、実際に自分が作りたいものを作れることはほとんど無いのではないか。使われるか否かよりも前に、作ることもできないのでは?大抵の場合、自分の案は採用されないだろう。自分が思うそのサービスの必要性も、どれほど書類とパワポを駆使しても、大抵は理解されない。その社会にいる限り、その社会が何なのかを知るのはとても難しい。

とは言いつつ、それでも何か作りたいし公開したいというのが本音っす。だって楽しいじゃん。はてな楽しかったもん。

となると、エンジニアに真に必要なのは政治力(キリッ とか、エンジニアはコミュ力だろ(キリリッ とか言う議論になる。でも、そーゆー話は何か癪に触る。え?じゃあどうしたらいいのさ…。と思う。思っている。その結論は出ないまま、今日記をここまで書いてきた。

企業というシステムが、一般にシステムから区別される特徴の一つとして、企業はアウトプットを必要とする点があると思う。法的にも、社会貢献しないといけないんじゃなかったっけ、企業って。これは資本主義やらんーたら主義とかいうのに関係が無い。主義によっては、企業という名前を否定することが予想されるが、まぁ細けぇこたぁいいんだよ。

とすると、いーもん趣味グラムでもいーもんきっと需要に合えばヒットするもんアフィでがっぽがっぽですねん!もん。と、いじけているわけにもいかない。市場の需要を分析し、自分の技術力を役立たせる応用力・発想力が無いと、なんか冷めた飯食うことになりそうだ。でもそれを鍛えるにはどうするの?ジュンク堂の社会科学書とかたくさん読んだらいいのかな><こうですかわかりません><

と書きつつ思った。

「それって、大学院で研究して修論書く時の悩みと似てね?今、俺同じことを別の立場から考えてるだけ?あれ?」

うん。つまり、そういうことなのだと分かった。

バーコードリーダを買った

makisyu は バーコードリーダ を手に入れた!

f:id:makisyu:20100714162216j:image:w300,left
f:id:makisyu:20100714162202j:image:w300


早速こいつで400冊くらいある本達を管理してやろうと思う。

ブクログのアカウントも持っている。が、よく訓練された兵士はオンラインはオンラインの特性を生かして使う。今回はまずローカル管理を行うために私本管理Plusというソフトを導入する。ローカルで管理したデータを、後でブクログに上げる。

結果、家に置いてある本は400冊ほど。同人誌やコード(ISBNや雑誌コード)の無い本も合わせると、450冊ぐらいか。実家に残してあるのも合わせると500冊を少し超えるくらいかしら。目標は1000冊。まだまだ精進が足りんなぁ。ちょっと残念。

このソフト、かなり多機能で安定している。ネットワークを使いまくるのだが、メソッド管理もきちんとできていて、安心安心。が、1つ困る機能がある。このソフト、下のステータスバーに蔵書の総金額が常に表示されるのであります。
この機能、見てると結構凹みますwお父さんお母さん髪も切らずに本ばかり買ってごめんなさい…あ、でも本は自分のバイト代からほとんど出してます…だから許して下さい…。



アルバイトで思い出したけど、どうせ一生懸命バイトして稼いだお金である。10年越しの夢であるAdobe製品を近々購入しようと画策中。学割+生協割で、Master Collection でも12万ほど。これなら多大なMPを消費すれば購入できそうである。
まぁ、まずはMPを貯めることから始めないとw

最近の My lover Fedora

最近 Fedora 12 の yum update でこんなエラーが出る。

エラー: パッケージ: gstreamer-plugins-bad-free-0.10.19-1.fc12.x86_64 (updates)
要求: libcelt.so.0()(64bit)
利用可能: celt-0.7.0-1.fc12.x86_64 (fedora)
問題を回避するために --skip-broken を用いることができません
これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest

パッケージそのものが死んでるような気がするが、まぁ Fedora だしいつものこと。とりあえずは yum remove で対応。エラーは消えたが、totem が依存関係で犠牲になった。後で totem 入れ直そうとしたけど、同じエラーが出てだめだった。むぅ。まぁ Fedora の方で動画を見たりすることは無いからいいか。
update-testing などという人柱リポジトリなんか ON にしているからいけないのか、と思ったが、上見ても分かるように updates repo でもダメみたい。うーむ。どうなっちゃったんでしょう。ググってみるとメーリスのアーカイブが出てきたけど、言及されてなかった。しょんぼり。broken-package という事実認識はあるらしいが。



ここだけの話、yum が中途半端に日本語化されてからというもの、エラーメッセージがよく分からなくなったw英語のままの方がよかったんじゃねぇの…。



そういえば、知り合いが UbuntuAdobe air を入れて tweet deck 使ってるのを見かけた。確かに Adobe airマルチプラットフォーム対応だった記憶もある。 Adobe repo を検索してみると、確かに最後に入ってる。へー。
さっそく入れてみようとするも、当方64bit機を使っているため「んー。64bit機でも使えんことは無いと思うが…。一応公式のリンク貼っとくし、そこを見てから自分でもう一度やってみてくれよ。今回はインストールしないでおくまふ。ゆっくりしていってね!」的なメッセージが出た。んー。まぁ Hootsuite でいいかwという甘えが出て、そのまま $ exit。こういうとこギークじゃないんだよなぁ…。

ちょっと前に、Fedora で日本語 LaTeX しようず!という企画を立てて実行した。昔挑戦して挫折したことは秘密。
結局、日本語dviは表示できなかったのだが dvipdfmx で PDF に変換しそれを Adobe 本家の Reader を使うことで日本語表示をさせた。僕の場合、LaTeX のコンパイルをするときには makefile 書いて make 一発状態にしているので、実際にはこれで充分。最後にコマンド行足すだけ。
dvipdfmx のエラーを回避する正しい方法 - DOSEI日記を参考にしました。ヘルプ読むという、ごく当たり前のことをして解決している…。見習わなきゃ orz

冷静と情熱のあいだ

http://www.apple.com/quicktime/qtv/wwdc10/index.html

スティーブ・ジョブズのプレゼン。
すごいのはその時間。1時間半くらい喋ってる。しかも、そのあいだKeynoteをほとんど見ない。

ジョブスのプレゼンは世界屈指のモノらしいのだが、この動画を見ていて、いくつか癖があるように思った。

  • 同じことを何度も言う
  • Keynoteの情報を極端に削る。
    • 基本的に1つの情報しか1枚に入ってないし、時には数字が1つしかなかったり、画像が1枚だけの時もある。それでも喋る。これはすごいというより、もはやすさまじいw
  • しゃべりも特徴的で、形容詞や形容動詞を最後に持ってくるように話しているように思う。
    • どうりで印象的なわけだ。

僕も輪講の資料は、1枚のスライド内の情報量を極力下げるようにしているけど、まだまだですなぁ。やはり絵を使わないと。でも絵って作るのが大変だから、ついつい文字情報に頼ってしまう。ぐぬぬ。

でも、正直なところ、このジョブスのプレゼンのようなKeynote使って、輪講の発表をするのはお門違いですよねw場面に応じた切り替えが必要です。

しかしかっこいいなぁ…。

備忘録がてら

諸事情で徹夜状態に。むむむ。どうしてこうなった…。

ブログというのは備忘録にも使えるのではないか?
ブログというのは日記としても使えるのではないか?
そんな疑問がわいてきたので、そのように使ってみようと思う。
はてな記法にも慣れてきた。

バーコードリーダーを買った

本の管理をすべく、ブクログのアカウントを取ったり。
欲しい本は手入力したが、本棚四本分の蔵書をすべて手入力では辛い。そこでバーコードリーダの出番である。またもAmazonさんのお世話になった。

const_iterator

constされてる関数や変数ではiteratorは使えません。Read-Writeがなんちゃら、というよく分からないエラーが出ます。
そこでconst_iteratorを使えば万事解決。これでiteratorを使うことに何の抵抗も無い!はず。

課題が山積

これは学生万年の悩み。はてなインターンのエントリーも済んだし、がんがん片付けていかないと。
正直、バイトをやめていて良かったと感じる…。



と、ここまで書いて気付いた。
これではほとんどTwitterではないかw ならばTwitterの自動まとめ機能をONにすれば良い。しかし、このブログはTwitterの効用とは別に書いているものなので、一緒にはできない。折角ブログという形式を取っているのだから、きちんとした文章を書く意識を持とうと思う。文章を書く練習の場と考えよう。

Angel Beats!総論みたいな記事を書きたい。あの作品に関しては思考がだいぶまとまってきて、ようやく言語化できそうな予感がする。

実験演習

svnリポジトリを漁っていたら、昔の学部の実験演習の課題ソースが出てきた。
最初の方はひどいソースコードになっているw「今なら言える…ここはこう書くべきだろ」の連続でした。

コンパイラ作成とか正直難しかったなぁ。

%%
[0-9]+    {
  yylval.i = atoi(yytext);
  return CONSTANT;
}
"int"     return INT;
"while"   return WHILE;
"if"      return IF;
"else"    return ELSE;
"return"  return RETURN;
">="      return MT;
"<="      return LT;
"=="      return EQ;
"||"      return OR;
"&&"      return AND;
"!="      return NEQ;
"-"|"+"|"*"|"/"|">"|"<"|"{"|"("|")"|"}"|","|";"|"=" {
  return *yytext;
}
[a-z][a-z0-9_]* {
  if (!(yylval.n = lookup_sym(yytext))) {
    yylval.n = make_token_node(yytext);
  }
  return IDENTIFIER;
}
[ \t\n] ;
. {
  printf("Error: invalid character\n");
  yyerror("Error: invalid character");
}
%%

lexはまだいいけど、yaccは…。

function_definition:
		INT declarator '(' { $2 = make_fun_def($2); cur_lev++; } parameter_type_list
		{ set_argnum($2); }
		')' compound_statement
		{ $$ = make_tuple(FUNDEF, $2, $5, $8, NULL); pop(); cur_lev--; argnum = 0;}
	|	INT declarator '(' { cur_lev++; } ')' compound_statement
                { $$ = make_tuple(FUNDEF, make_fun_def($2), NULL, $6, NULL); pop(); cur_lev--; }

今なら多少は読めるけど、当時はきつかったなぁ…。
でもこれを作ったおかげで、かなり地平を見渡せるようになったというのもまた事実。コンピュータの勉強をしたいならコンパイラを作ることを、誰ともなくお勧めしておこう…。

CGレンダリングとかは割合簡単だった。というか、あれは計算式を実装するだけだった。強いて言えば、Cでの浮動小数点計算のコツを掴むための演習だったのではなかろうか。

オークションエージェントとかも出てきて懐かしむ。C++で書いたらTAがすごく嫌そうな顔したのを覚えてるwあれはほとんど数学の勉強だったなぁ。理論さえ分かれば、あとは計算式を実装するだけやし。でも、高度な数学をプログラムに落とすと、バグが取りにくくなることが分かった。

今は昔。