読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mottainai

映画を見たりしたので、そのことなど。

映画を見た

ゴスロリ処刑人』という映画を見ました。ググれば出てきます。わざわざ大阪まで行って、第七芸術劇場というちっさい映画館で見てきました。雰囲気はなかなか良かったです。結構アレな映画とかもたまにやるらしいので、中二病こじらせた大学生なんかが好きそうな感じですね!ココン烏丸の上にある映画館とか割と好きなんですよね。でもね、中学生特有の第二次性長期のあのなんかアレな感じ、大人になっても大事にしたいな、とかね、思うわけですよ!



んー、第七藝術劇場というつづりだったかもしれん。



どんな映画なんですかって言われると、これはいわゆるスプラッターものというやつです。血や内臓が湯水のように出てきます。どっばーぶっしゅーぐっしゃーって感じです。聞いただけで嫌になる人は見ない方が良いでしょう。そんな感じなんだけど、ゴスロリ服着た秋山莉奈が主人公っていうね、何かそんな映画ですよ。



じゃあ何で見たのかっていうと、そういえば最近グロいもの見てないなぁと思ったというのと、ゴスロリという名前に惹かれたからです。スプラッターなんて前見たのは『ステイシー』だった記憶があるぐらいです。あれも再放送だったような気もするので、だいぶ前の映画なのではないかと。



関係ありそうであんまり無い話なんだけど、僕、Peace Nowの服が好きなんですよ。もちろん僕は着ないんですけどね。京都にもあるんですが、店の入ってるビルの前に出ている服が、かわいすぎて死ねる。でも大丈夫。たまにハズレもある。特に夏は酷い。やはり女子は冬服に限るな!ぶっひゃぁ!京都にはmilkもあるんだぜ!Naotoはつぶれたけどな!そいつぁすげぇや!



さて、映画の感想ですが。残念なことに、無いです。何でだろう…感想が思いつかない…阪急の中でがんばって考えたのに…なぜか発生した頭痛にも耐えて頑張ったのに…。ゴスロリって銘打つ映像は、大抵の場合、薄っぺらい布でできたやっすいゴスロリっぽい何かを着ている場合が多いのですが、この映画ではその辺はちゃんとしてました。割合しっかりした服だったように思います。デザインに関しても、妙な胡散臭さは無くかわいかったです。静止画で見るとちょっとイメージと違うかなぁと思った秋山莉奈ですが、動画になったら結構かわいくて、その点も安心しました。映画の内容は、情状酌量の余地がありそうな悪役も全力でぐっちゃりとぶっ殺すので、それはそれで良いのではないかと。



ベルギーで起こった赤い津波事件のアレって、すごい血っぽいよね。何のホラーだよ、って感じです。あれ大丈夫なのかね…。



そして、まさかの悪魔落ち。あの映画、僕はまさか悪魔落ちだとは思いませんでした。

携帯を解約した

ちょっと前にiPhoneに切り替えまして、でもインターンの関係ですぐにドコモを解約するわけにもいかず、しばらくドコモと両方持っていたんですが、先日ドコモを解約しました。適切なアップデートインフラとメールインフラが構築され次第、ドコモに戻ってAndroidする予定ですが、まだその時期ではないでしょう。



携帯の解約といえば、そう、違約金です。別に違約金を払うことは覚悟していたし、違約金というシステム自体への文句も言う気は無い。まぁ一万くらいは払う気でドコモ屋に行きました。違約金知らないとか、多少は契約読みなさいよ(キリッ 説明されたでしょ(キリリッ



店員「違約金は3150円になります。」
僕「えっ」
店員「一年割引適用中なので、今月解約だと違約金掛かっちゃうんですよ。」
僕「えぇ…。それは知ってますけど…。意外と安かったので…。」
プリントした書類を見せつつ
店員「違約金と、今日までの日割りの料金が、ここに書いてある通りに…やはり違約金掛かっちゃうんでs…あれ?表示されてないですね…」
僕「?」
店員「あれ。ちょっと待ってくださいね…。」
僕「はぁ…。」
店員「あー。」
僕「?」
店員「五年以上同じ携帯をお使いだったので、違約金は掛からないですね。すみません。」
僕「えっ」
店員「五年使うと、違約金が掛かりませんね。すみません。」
僕「えっ」
店員「ええ。」
僕「えっ」
店員「はいw」
僕「えっ」
店員「なので、日割りの料金だけですね。来月の請求になります。」
僕「えっ」
店員「ええ。」
僕「えっ」



えっ。